株式会社マルサプリが運営する安心安全の日本国内生産の健康食品・サプリメント食品のオンラインショップ

株式会社マルサプリ

株式会社マルサプリ

0
いらっしゃいませ、ゲスト様。(ログイン)
会員登録でポイント制度をご利用できます。

筋肥大に効果的なウルソル酸とは??効果や摂取方法を紹介

2018.12.19

筋トレイメージ

筋トレをしているとプロテインの他にサプリメントを購入しようと思う方は多いかと思います。

様々なサプリメントがある中でも、やはり効果が高いものを選びたいですよね。できれば科学的に効果が証明されているものを選びたい、という方も多いと思います。

また、ダイエットや減量中に筋肉が減ってしまうのが気になる方も多いのではないでしょうか。減量中はできるだけ筋肉を減らさずに体重を落としたいですよね。

ウルソル酸はリンゴの皮に多く含まれている!?

そんな方のために、今回はウルソル酸というサプリメントを紹介します。ウルソル酸はリンゴの皮に多く含まれている成分で、筋トレの効果を高めてくれることが科学的に証明されています。

リンゴの皮に多く含まれているからといって、リンゴばかり食べていても効果は得られませんし、効率的ではありません。ウルソル酸は他の食品にはほとんど含まれていないので、サプリメントからの摂取がオススメです。

今回は、ウルソル酸とは一体どのようなサプリメントなのか、どのような効果が科学的に証明されているのか、どのように摂取すればいいのかなどを紹介していこうと思います。

ウルソル酸とは?ウルソル酸は植物に含まれる成分

今回紹介するウルソル酸ですが、この成分はリンゴの皮に特に多く含まれています。リンゴの皮以外だと、クランベリーやローズマリー、ラベンダーといった植物に多く含まれています。

植物は二酸化炭素を取り込み、細胞内で様々な炭素化合物を作り出します。植物には独特の香りがありますが、その香りは植物が独自に細胞内で作り出す炭素化合物によるものなのです。

ウルソル酸も植物が作り出す炭素化合物の一種です。そのため、リンゴの皮や植物に多く含まれているのです。

植物の芳香成分を取り出したものとして、精油があります。精油は精神的、身体的に様々な効果があることが知られています。そのためウルソル酸にも様々な効果が期待できます。

その効果の中に、筋トレに有効に働くものがあり、科学的にそのことが証明されています。

それではウルソル酸には一体どのような効果があるのでしょうか。

ウルソル酸は減量中に特に効果を発揮

ジムイメージ

ウルソル酸の効果として注目されているのが、筋分解の抑制効果です。

ボクシングや重量挙げなど体重により階級が分かれている競技では、筋肉を付けることも大切ですが、自分の狙った階級に分類されるよう体重をコントロールする必要があります。

体重をコントロールする方法として最もよく用いられるのが、カロリー制限です。カロリー制限を行うことで脂肪重量や体水分量を減らし、狙った体重へもっていきます。

しかし、カロリー制限には一つ問題があります。それが、脂肪と同時に筋肉も減ってしまうということ。確かに脂肪と同時に筋肉も減った方が体重としては減るので体重をコントロールしやすいように感じるかもしれません。しかし、筋肉が減ると発揮できる力が落ちてしまい、競技のパフォーマンスが低下する可能性があります。

そのため、体重をコントロールしなければならない競技では筋肉の分解を抑えながら脂肪を減らす必要があります。

競技を行っていない一般の方であっても、筋肉の分解を抑えながら脂肪のみを減らすことは重要です。というのも、筋肉が減ると基礎代謝が落ち、痩せたとしてもリバウンドしやすい体になるからです。

また、トレーニング中に怪我をした場合にはしばらくトレーニングを行うことができません。トレーニングができないと必然的に筋肉が減ってしまいます。トレーニング休止中には筋肉の分解を抑える方法も必要となります。

それでは、減量中やトレーニング休止中に筋肉の分解を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。その方法として、ウルソル酸を飲むことが挙げられます。

ウルソル酸には、減量中の筋肉の分解を抑えるということが、Cell Metabolismという雑誌で報告されています

マウスを用いて、除神経により擬似的にトレーニング休止のような状態を作り出しました。神経が通っていないので通常であれば筋肉が萎縮していきます。しかし、ウルソル酸を摂取させることで、その萎縮の程度が有意に抑えられ、筋繊維のサイズも大きいものが多く残りました。

Cell Metabolidm.

(出典元: Cell Metabolidm. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3120768/)

さらにウルソル酸を摂取すると、脂肪細胞のサイズが小さくなることもCell Metabolidmで報告されています。脂肪細胞は大きくなると分裂し、どんどん増えていくので、脂肪細胞のサイズが小さくなることは、肥満抑制に効果的と言えます。

Cell Metabolidm

(出典 : Cell Metabolidm. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3120768/)

このようにウルソル酸はダイエットをしながら筋肉の分解を抑えたい、トレーニングができず、筋肉の分解を抑えたい、という方にオススメのサプリメントです。

ウルソル酸は筋肥大でも効果を発揮!

筋肉イメージ

筋肉の分解を抑えてくれるウルソル酸ですが、その効果はこれだけではありません。なんとウルソル酸は筋肥大にも効果的なのです。

筋トレをすると筋肉からインスリン様成長因子(Insulin-like Growth factor : IGF-1)というホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されると筋肉は受容体という細胞にあるアンテナでその情報を受け取ります。

細胞はIGF-1の情報を受け取ると、Aktというタンパク質を活性化させ、筋肉の合成に関与するmTORが活性化されます。それにより筋肉の合成が促進されます。

また、筋トレをする際には筋肉の分解についても考えなければなりません。というのも、筋肉が増えるかどうかは筋肉の合成と分解のバランスによるからです。

筋肉は常に合成と分解を繰り返しています。トレーニングを行うと合成が高まり、寝ている間など食事を摂れない期間は分解が高まります。

もちろん筋トレ後の筋肉の合成を高めることは筋肉を増やすのに重要です。しかし、筋肉の分解を抑えることも筋肉の合成-分解のバランスを合成の方へ傾け、筋肉を増やすのに重要となります。

筋肉の分解にはユビキチン-プロテアソーム系という経路が関わっています。この経路は細胞が分解すべき筋肉にユビキチンというタンパク質を結合させ、このユビキチンが分解の目印となり、プロテアソームというものによって分解されます。

筋肉の分解の目印となるユビキチンを結合させている酵素に、Atrogin-1やMuRF1というタンパク質が挙げられます。これらの活性を抑えることで筋肉の分解を抑制することができます。

マウスを用いて行われた実験では、ウルソル酸には筋肉の合成に関わるIGF-1のmRNA発現量を上昇させAktを活性化させることがCell Metabolismで報告されています。

また同じ実験でウルソル酸の摂取により筋肉の分解に関わるAtrogin-1やMuRF1のmRNA発現量が抑制されることも報告されています。

Cell Metabolidm

(出典 : Cell Metabolidm. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3120768/)

このように、ウルソル酸は筋肉の合成を促進し、筋肉の分解を抑制することで筋肥大に効果的に働きます。

ウルソル酸の摂取方法

ダイエット中の筋肉の分解を抑えてくれ、しかも筋肥大も促進させてくれるウルソル酸ですが、一体どのように取り入れればいいのでしょうか。

ウルソル酸は食品からの摂取は難しいので、サプリメントから摂取するようにしましょう。

サプリメントから摂取する場合、1日に500mg程度摂取することが勧められています。

ウルソル酸は吸収率が悪いので、できるだけこの量を1日の中で数回に分け、摂取します。

何度か飲んで慣れてきたら摂取量を増やしましょう。過剰に摂取すると副作用が出る可能性もあるので、1000mg程度を上限に増やしましょう。

まとめ

今回はダイエットや筋トレに効果的なウルソル酸というサプリメントを紹介しきてました。

ウルソル酸は特に減量中に嬉しいサプリメントで、筋肉を減らさずに脂肪を減らす効果が報告されています。

また、筋肥大においても有効で、Atrogin-1やMuRF1といった筋分解に関わるタンパク質を抑え、IGF-1という筋合成に関わるタンパク質を上昇させることで筋肉の肥大に効果を発揮してくれます。

減量中だけど、筋肉を減らさずに脂肪を落としたい、今まで色々なサプリメントを試したけどイマイチ効果がでなかった、科学的な根拠のあるサプリメントを試したい、という方にオススメです。

気になった方は是非試してみてください。

おすすめ記事

トップページへ戻る