株式会社マルサプリが運営する安心安全の日本国内生産の健康食品・サプリメント食品のオンラインショップ

株式会社マルサプリ

株式会社マルサプリ

0
いらっしゃいませ、ゲスト様。(ログイン)
会員登録でポイント制度をご利用できます。

HMBサプリ+筋トレで!太らず・太りにくい体「細マッチョ」を狙え!

2018.12.21

筋肉イメージ

男性が目指す体で人気なのが、いわゆる「細マッチョ」な体。
ゴツゴツとしたボディビルダーやプロレスラーの様な筋肉ではなく、引き締まったスタイルに憧れる人は非常に多いです。
そんな体を作るために日々筋トレに励んでも、なかなか効果が表れない時はモチベーションも下がってしまいますよね。
さらに間違った方法や過度な栄養補給のせいで、細マッチョどころか太ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は太らずに細マッチョになれるHMBと筋トレの組み合わせによる効果について解説していきたいと思います。

話題のサプリ、HMBについてその概要を詳しく解説

ここではまず、HMBが一体どの様なものなのかを解説させて頂きます。

HMBとは一体何か

HMBとは正式名称を日本語でヒドロキシイソ吉草酸と呼ぶ成分のことです。
人間の体の中では作る事のできない必須アミノ酸のロイシンから代謝されるもので、体に取り込んだロイシンのおおよそ5%が、HMBに変わります。
1996年にアイオワ州立大学のNissenによって、その詳しい効果が発見されました。

HMBの効果

HMBの効果効能は筋肥大効果の増加や傷ついた筋肉の回復効果、また筋タンパク質の分解抑制などがあげられます。
他にも脂肪量の減少といったダイエット効果も期待できる効果が報告されており、アスリートのみならず、芸能界を始めとする様々な分野の著名人からも人気のあるサプリメントとなっています。

HMBの安全性

前述した様にHMBは元々必須アミノ酸であるロイシンの代謝物です。
そのため、人体に悪影響を及ぼすということはありません。
過去にHMBの推奨量とされている倍の量を1ヶ月間投与し続けるという実験が行われましたが、全く健康被害を及ぼさないという結果に終わりました。
また海外でも今なお研究や実験が進められていますが、HMBによる健康被害は未だ報告されていません。

HMBを使用している細マッチョな有名人の紹介

1.GACKT

細マッチョで良い体をしているイメージと言えばGACKTさんは外せません。
非常に引き締まった体が特徴的で、女性ファンのみならず、男性からも憧れられる体をしています。
そんなGACKTさんはHMBの愛用者で、過去にHMB製品のイメージキャラクターとしても起用されていました。
SNSなどでその効果を自らの体を撮影して発信し、反響を呼びました。

2.亀田興毅

言わずと知れた浪速の闘拳、亀田興毅さんです。
日本人初の3階級制覇を成し遂げたことでも有名で、歯に衣着せぬ物言いが話題を呼びました。
体重管理が非常に厳しいプロボクサーということもあり、その体の引き締まりは思わず惚れ惚れしてしまいます。
2015年に現役引退後に、2018年1月に再び現役復帰を目指し、その際に少しでも現役時代の体に戻すため、HMBを使用した筋トレをおこない始めました。

3.杉浦太陽

元モーニング娘の辻希美さんの夫で、俳優やタレントをメインに活動している杉浦太陽さん。
ウルトラマンコスモスで主演を務めたのですが、お子さんたちから「ウルトラマンなのにどうして痩せているの?」と言われたことから筋トレを開始。
その際に愛用していたのがHMBです。
今ではガリガリ体型だった頃の面影はなく、非常に引きしまった細マッチョ体型になっています。

この他にも沢山の有名人、著名人がHMBを使用してかっこいい肉体を手に入れています。
今回は抜粋してご紹介させて頂きました。

HMBの効果を知ることでより細マッチョに効率的な筋トレを!

HMBは筋肉に変わるための活動を活性化させる

HMBの効能というのは、筋肉の合成作用の促進と筋タンパク質の分解の抑制です。
つまりプロテインなどの栄養補給剤とは違い、体に太る原因となる成分を取り込むわけではありません。
体の中にあるタンパク質を始めとする材料が、筋肉に変わるための活動を活性化させること、そして筋肉が分解されて筋肉量が落ちてしまうことを防ぐものなのです。

HMBを効率よく使用するには

HMBの効果を引き出して効率よく体に筋肉を付けるためには、使用する頻度、また摂取量などが重要です。

HMBの効果を最大限に発揮させるなら、一日の摂取量を回数を分けて摂取した方が良いでしょう。
常に血液中のHMBの濃度を高く保つことによって、大きな効果を得ることができます。
もちろんこれは、最大限に引き出すための方法ですので、一度の摂取で一日分をとっても問題はなく、十分効果は得られます。

HMBには一日当たりの推奨摂取量があり、成人している人であれば、おおよそ3gを目安にします。
これは厚生労働省でも推奨されている量であり、健康的な生活を送るためにHMBが友好的である裏付けでもあります。

HMBを使う際に注意すること

1.HMBを使うだけで筋肉が付くわけではないことを理解する

HMBはあくまでも筋トレの効果を増大させるためのサポートサプリメントです。
そのため、摂取さえすれば勝手に筋肉が付く…という様なものではありません。
きちんと運動やトレーニングをしなければ効果は見られないということを理解しましょう。

2.タンパク質の補給を忘れずに

上記に繋がる事ですが、筋肉の元になるタンパク質をしっかりと取っていなければ、HMBの効果は表れにくくなります。
元々食事である程度タンパク質をとっているなら問題はありませんが、それが難しい人はプロテインなどを併用すると良いでしょう。
また、最近はHMBにタンパク質やロイシンなどが複合されたものも発売されており、細マッチョを目指す人にピッタリの製品もある様ですので、自分に合ったものを探すことが大切です。

3.摂取量に注意

前章でも少し触れましたが、HMBは推奨量である3gを超える量を摂取すると、その効果が弱くなるという研究報告があります。
そのためHMBの過剰摂取はトレーニングの効率を落としてしまう行為になりますので、しっかりと摂取量は守る様にしましょう。

理想の体を手に入れる事で生活が変わり人生が輝き出します

筋肉が付くことによって健康的な体を手に入れることができる

筋肉量が増えることによって、基礎代謝が上昇します。
基礎代謝は人間の生命活動に必要な働きで、エネルギーを常に消費しやすい体が作られるのです。
太りにくく痩せやすい体で肥満を防止し、さらには臓器の働きを促進することで免疫力が底上げされ、風邪やウイルスにも感染しにくくなります。
筋肉が増える事でそうした健康面でも良いメリットが得られるのです。

筋肉は自分に自信が持てない人を前向きにしてくれる効果がある

筋トレによって付いた筋肉はまさに努力の証です。
HMBを摂取して効率よく筋トレをすると、実績が分かりやすいためモチベーションが継続し、達成感が生まれます。
筋トレはストレス発散や、自信をつけるためにも有効とされる手段で、前向きな気持ちにしてくれる効果もあるのです。

まとめ

今回は太らずに細マッチョになれると話題のHMBについて解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
太らず細マッチョになるためにはHMBと筋トレをすること、また適度に栄養の補給をすることで効率よく、理想の体型を手に入れやすくなります。
本記事でHMBに興味がわいた方は、ぜひお試しください。

マルサプリではHMB業界最高水準のHMBサプリを販売しています。
こちらもご参考ください。

マルサプリのHMBサプリ「メガバキ プログラム」商品の特徴

・HMB業界最高水準の3,200mg
・安心安全の特許出願商品
・顆粒タイプの吸収率に拘った新世代HMBサプリ

「HMBサプリ・メガバキ プログラム」
https://www.maru-sapuri.com/products/detail/4

おすすめ記事

トップページへ戻る