株式会社マルサプリが運営する安心安全の日本国内生産の健康食品・サプリメント食品のオンラインショップ

株式会社マルサプリ

株式会社マルサプリ

0
いらっしゃいませ、ゲスト様。(ログイン)
会員登録でポイント制度をご利用できます。

知ってました!?サプリメントの形状の違いによって吸収率が異なる

2019.07.11

はじめに

サプリメントは薬と似たような形をしていますが、健康補助食品と呼ばれるもので薬とは別物になります。
そのため体に即効性のある効き目を求めてはいけません。
サプリメントによって体に必要な栄養を補給することによって、体の機能を高めて健康効果を得ることができるのです。
本来ならば栄養素は食事から摂取できますが、近年は食品の栄養が偏ったり、ジャンクフードなどの普及でバランスの良い栄養補給が難しくなっています。

そうしたサプリメントによる補助によって健康的な生活やトレーニングの効果を引き上げることができるのです。
サプリメントそのものの効果というより、サプリメントの成分によって身体の体質を向上させるというイメージを持つと良いでしょう。

形状の違いによって吸収率が異なる

サプリメントにたくさんの形状があることはご存じの方も多いと思います。
しかし形状の違いによってどのような違いがあり、またなぜ形状の違うものが存在しているのかを知っている人はそう多くありません。
それではサプリメントの形状による違いについて見ていきましょう。

1.サプリメントには様々な形状がある

一般的に市販されているサプリメントには
粉末、顆粒、錠剤、ソフトカプセル、ハードカプセル、液状などの種類があります。
これらの特徴をご紹介します。

粉末

ふっ、吐息を吹けば飛んでしまうくらいの細かいものが粉末になります。
このタイプのサプリメントは素材を粉砕して生成されているため、純度100%であるものがほとんどです。
加工にも時間がかけられていないことが多いため、内容成分を失われにくいという特徴があります。ただし粉末であるため湿気に弱いというデメリットもあります。

顆粒

粉末を固めることによって粒を少し大きくしたものが顆粒です。
粉薬や市販のだし調味料などにも使われているため、目にしたことがある人も多いと思います。
粉末を固めるために結合剤を使用しているため、粉末と比べると多少純度は落ちますがそれでも高い効果を発揮します。
加工過程においても時間があまりかからないため、内容成分も損なわれません。
粉末に比べて粒が大きくて飲みやすいというメリットがあります。
ただし、こちらも湿気には弱いです。

錠剤(タブレット)

粉末や顆粒を圧縮して作られるのが錠剤です。
粉状である粉末、顆粒に比べて圧倒的に飲みやすく、サプリメントや薬と聞くとこの形状のものを想像する人が多いのではないでしょうか。
高圧をかけて圧縮する加工が施されることがほとんどであるため、内容成分が少し低下する可能性があります。

ソフトカプセル

デンプンやグリセリンなどの被膜を使って成分を包んでいるもの。
被膜によって空気に触れないため内容成分が損なわれにくく、安定しやすいというメリットがあります。

ハードカプセル

ゼラチンやセルロースの被膜を使用して作られるもので、よく風邪薬などで見られる形状です。
粉末や顆粒を膜で覆っているため、純度は高くなっています。
こちらも加工工程が少ないため内容成分は失われにくいです。

液状(ドリンク等)

健康食品のドリンクは医薬品、医薬部外品の製品とは違って清涼飲料水に分類されます。
つまり内容成分のほとんどは水分であり、純度は基本的に低いものが多いです。

2.形状によって吸収率が異なる

上記の様にサプリメントには様々な形状がありますが、その種類によって吸収率も変わってきます。
下記のサイトではそれぞれの形状もしくは摂取方法による吸収率について詳しく記されています。
http://www.zatone.com/column/column1.html

サイト内で触れられていますが、米国のPDR(処方薬参考書)に記載されているのは以下の通りです。
・錠剤:10%
・ハードカプセル:20%
・ソフトカプセル:30%
・皮膚からの経皮:45%
・液体摂取:50%
・筋肉注射:90%
・舌下(ミスト):95%
・静脈注射:100%
この参考資料により、錠剤が最も吸収率が低く静脈注射による摂取が最も吸収率が高いことがわかります。

また下記のサイトでは飲酒の際、肝機能を高めるために摂取するウコンの主成分であるクルクミンと、疲労回復に効果的とされるコエンザイムQ10を使用した形状のによる吸収率の変化についての実験結果をまとめています。
https://www.sankei.com/life/news/140519/lif1405190021-n1.html

こちらではドリンク、錠剤、カプセルの3パターンで検証を行い、その吸収率の差について詳しく述べられています。

その他にもサプリメントの基礎知識に加えて形状による吸収率について詳しく詳細が掛かれている下記のサイトや
https://kenko.org/faq/supplement.html#q05

形状による吸収率の変化と飲み方や飲み合わせについて書かれている下記のサイトは非常に参考になりますよ!
https://pk-movie.jp/supplement_knowledge.php#i5

最後に

今回はサプリメントの形状の違いについて詳しく解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。
形状による違い、それぞれの形の特徴についてお分かり頂けたかと思います。
サプリメントは健康的な生活やトレーニングを行う上でとても重要となるものですが、その用法や容量はしっかりと自分の体と相談して使用しなければ、期待する効果を得ることはできません。
冒頭でも触れましたがあくまでもサプリメントは補助のためのものであり、摂取すればなんでも解決する特効薬ではないのです。
サプリメントを使用する上で大切なのはまず自分の体や生活のことを見直し、体に合ったものを選ぶことだと言えるでしょう。

おすすめ記事

トップページへ戻る