株式会社マルサプリが運営する安心安全の日本国内生産の健康食品・サプリメント食品のオンラインショップ

株式会社マルサプリ

株式会社マルサプリ

0
いらっしゃいませ、ゲスト様。(ログイン)
会員登録でポイント制度をご利用できます。

筋トレのプロ 山本義徳さんの経歴がすごい!プロフィールや関わった選手を紹介

2019.08.23

筋トレを行っている方なら、山本義徳さんの名前は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

山本義徳さんはボディビルダーとして活躍している方で、トレーニングの指導も行ったりしています。

You Tubeでは筋トレYou Tuberと一緒に共演したり、科学に基づいた情報を提供する本を執筆したりと、マルチな方面で活躍しています。

今回は、そんな筋トレのプロ山本義徳さんは一体どんな人なのか、どんな選手のトレーニングを行ってきたのかを紹介していきます。

山本義徳さんのプロフィール

生年月日 1969年3月25日
身長 : 171cm
体重 : 90kg
職業 : ボディビルダー、パーソナルトレーナー
大会経歴
1994年 東京都ボディビル選手権 優勝
1995年 IFBBミスターアジア(ライトヘビー級)3位
1998年 NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ライトヘビー級)優勝
2000年 NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ヘビー級)4位
2001年 NPC アイアンマン・チャンピオンシップス(ヘビー級)6位
2003年 NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)4位
2005年 NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)優勝

山本義徳さんはもともとパワーリフティングの選手として活動していました。中でもベンチプレスが得意で、非公式の大会では当時の日本記録を超えることもあったと言われています。

山本義徳さんがボディビルに転身したのは、1994年でした。この年に日本ボディビル選手権大会に出場して8位に入賞しました。

しかし、その後の大会でドーピング検査で陽性反応が出てしまい、出場停止処分をくらうことになります。

これをきっかけに、海外の大会に挑戦するようになりました。1995年にはIFBBミスターアジアで3位に入賞し、1998年のNPCアイアンマン・アイアンメイデンでは、見事に優勝しています。

引退したのは2005年でした。NPCトーナメント・オブ・チャンピオンズという大会で優勝したのを機に、引退を決意しました。

このように、山本義徳さんは数多くのボディビルの大会で活躍してきた素晴らしい選手です。

山本義徳さんはトレーニングはもちろん、食事やサプリメントにもかなり詳しく、その知識を活かして書籍を執筆しています。

また最近はYou Tubeのチャンネルを開設したり、Twitterのアカウントを開設したりと現代らしい活動も行っています。

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC7F_CLFtxDetmUnORgmwImg

 

Twitter : https://twitter.com/Yoshinori_TV

 

You YubeとTwitterのチャンネル名は、「山本義徳 後継者養成TV」という名前で登録されています。

山本義徳さんの後継者になりたい、という方は是非フォローすることをお勧めします。

山本義徳さんは有名な選手の指導も行っている

山本義徳さんの活動の一つとして、トレーニング指導が挙げられます。これだけ素晴らしい経歴を持っているので、トレーニング指導の質もかなり高く、人気のようです。

山本義徳さんが指導してきた選手としては、ダルビッシュ有選手や松坂大輔選手、プロレスラーの石森太二選手などを指導しています。

プロのフィジーク選手として活動しながらYou Tuberとしての活動を行っているJINさんも、山本義徳さんのトレーニング指導を受けていたことがあります。

海外の選手だとキックボクシングで活躍しているニコラス・ペタス選手やフランシスコ・フィリオ選手などが挙げられます。

このように、山本義徳さんが指導してきた選手は有名な方が多く、しっかりと実績も残しています。

まとめ

今回は、筋トレ界では知らない人がいないであろう山本義徳さんのプロフィールなどについて紹介してきました。

山本義徳さんは海外のボディビルの大会で輝かしい成績を収め、現在はその知識を活かしてYou Tubeで活動したり、パーソナルトレーナーとして活動したりしています。

山本義徳さんは過去にダルビッシュ有選手や松坂大輔選手の指導もしたこともあり、トレーニング指導者としてもかなり素晴らしい経歴を持っています。

You TubeやTwitterで有益な情報を発信しているので、気になった方は是非参考にしてみましょう。

おすすめ記事

トップページへ戻る